令嬢人形 (双葉文庫)

時は大正四年、晩秋。秋田の網元屋敷に奉公する山中ミツは、その美貌に目を付けた跡取り息子の幹也に犯されてしまう。
入水自殺を図った彼女を救ったのは、十河恭平と名乗る謎の男。
「お前は一度死んだ人間だ。俺と一緒に生き直さないか」――。そして舞台は帝都・東京へ。
白亜の洋館ではミツを最高級の”令嬢人形”へと生まれ変わらせる数々の調教が待ち受けていた。
大正浪漫の香りに乗せて送る波瀾万丈の濃蜜ラブストーリー。

2015年7月16日
執筆・取材・メディア出演・その他
お仕事のご依頼はこちら