淫果と種 上

岬涼花は29歳の官能小説家。最近、日中は自宅近くの喫茶店で執筆することが多い。50代半ばの温厚なマスターには恋愛小説家と噓をついている。密かにマスターに惹かれていた涼花は、決まってノーパンでこの店を訪れていた。そして、店内で彼に調教される姿を妄想し、アソコを濡らしながらそれを小説のネタにして……。

2016年4月13日
執筆・取材・メディア出演・その他
お仕事のご依頼はこちら